Main image
8th 7月
2014
written by admin

私の仕事ではたくさんの書類を取り扱っており保管の仕方でもいろいろと気をつけない部分が多いです。特に他の人に見せられないとても大切な書類に関しては、鍵とダイヤルロックの金庫に入れて保管しています。金庫も家事や地震で建物が壊れた時にでも中身を守ってくれるような頑丈な金庫です。大げさなように感じますが、この書類一つで会社が大きく傾く可能性があると感じると大切に保管しないといけないと思います。
他にもたくさんのあまり重要ではない書類もあります。そういったものは、自分が分かりやすいような分野に分けてファイルですべてまとめて保管しています。ごちゃごちゃしすぎると書類自体を見失ってしまうので、しっかりとまとめてわかりやすくしています。
無くなってもいいような書類は、大きい箱にまとめて置いています。ある程度書類別に分けていますが、大体ですので混ざっていることもたまにあります。
大事な書類を優先して保管しないといけないので、書類保管も少し大変だと感じます。

Tags:
コメントは受け付けていません。
3rd 7月
2014
written by admin

書類保管、文書保管、カルテ保管、データ保管ならインターファイル
書類保管の上手な人は、よく「とりあえず置き場」を作ればよいということを提案しています。
思い浮かぶのが、社長のデスクなどにある、決裁書類の箱ですかね。決済がまだの書類を入れる箱と、決済が済んだ書類が入っている箱がふたつならんでいる、もしくはつみかさなっているやつ。
決済がまだの書類がスカスカになっていて、決済済みの書類が積み重なっていると、この社長かっけーと思ったりします。
つまりは、未決済の箱が、書類保管が上手な人がいうとりあえず置き場となるわけですが。
私のような書類保管があまり上手とはいえないタイプの人は、とりあえず置き場はなかなか危険なゾーンとなりえると思うのです。
決断に困ると、なんでもかんでもとりあえず置き場に書類をほおりこむこととなり、結局、とりあえず置き場がブラックボックスとなっていくからです。
とりあえず置き場がブラックボックス化しないためには、定期的にとりあえず置き場をチェックすることかもしれません。

Tags:
コメントは受け付けていません。
2nd 7月
2014
written by admin

書類保管はビニールのファイルを1冊用意して
ビニールの袋状のファイルにわかるように書類を入れています。
今まで勤務していた会社1社ごとに1枚のページに入れて保管しています。
なるべく働いていた会社の古い順など分かりやすいようにまとめています。
給与明細なども順番にそろえて入れています。
後でやればいいやとか、今度時間がある時にと思い
何度もファイリングをやり直したので、1度でも時間を作り
ファイルや何か自分のやりやすいものを用意して入れておくといいと思います。
細かくやるときりがないですが、会社ごとに書類を入れてわけるくらいの
最低限の分け方ができればいいと思います。
会社以外の書類も項目別にファイルのビニールに入れています。
1冊に全部まとめるという決まりを作れば後は楽なので
その中に今後も付け足して入れていくつもりです。
紛失など、バラバラにしておくのが一番危険なので、とにかくまとめておくということが大事と思います。

Tags:
コメントは受け付けていません。